経済学

安易な財政出動には弊害とは

経済全体の動きを理解するためには、 消費と投資に加えて、政府支出についても視野に入れて考える必要があります。   現在、日本の政府支出は年間約100兆円といわれています。 設備投資とほぼ同じ水準ですから、景気に対してかなりの影響があります。   日本の政府支出の最大の特徴は恣意的 […]

投資は将来のための消費

経済は、消費者の消費動向に大きく左右されます。 最終的に景気がどうなるのかは、消費次第とも考えていいと思います。 経済全体の6割弱を占める「消費」 消費は経済に対して極めて大きな影響力を持っているわけですが、 その規模が大きいがゆえにで、動きが鈍いという特徴があります。   消費は巨大な山 […]

消費と投資のバランス

具体的にお金はどのように使われるのかについて説明したいと思います。 また「貯蓄=投資」というマクロ経済における重要な概念についても解説していきます。 人は稼いだお金の一定割合を消費する 企業は銀行からお金を借りて設備投資をするケースが多くなっています。 銀行融資の資金源になっているのが、個人の貯蓄で […]

”経済学”における消費と投資の違い

経済を理解するためには、GDP(国内総生産)について知る必要があります。 GDPはマクロ経済の土台となる概念であり、とても重要なのですが、 いきなりGDPと言われても、あまりにも無味乾燥で、 現実の経済とうまく結び付けて考えられないという人がほとんどだと思います。 GDPについて理解するためには、G […]