経済産業省も利用促進をしている資金調達方法~ファクタリングとは~

経済産業省も利用促進をしている資金調達方法~ファクタリングとは~

できるだけ早く足りない事業資金を何とかしたい……

キャッシングや融資は審査に時間がかかって間に合わない……

資金繰りが苦しいが、お金を借りるあてがない……

 

そんな事業者の悩みを解決してくれるのが

「ファクタリング」です。

 

近年では経済産業省も利用促進をしていることで話題になった資金調達法です。

 

中小企業や零細企業の間で注目度が急上昇しているファクタリングとは??

「いったいどのようにして資金を準備しているのか??」

「融資と違ってどんなメリットがあるのか??」

「リスクはないのか??」

といった疑問に迫ります。

 



ファクタリングとは?

ファクタリングは、近年注目を集めている企業の資金調達方法です。

企業が持っている売掛金を売却することで、債務者の決済予定日よりも前に、

企業活動で生じた代金を現金に替えることができます。

 

企業間での取引は、売上げが発生すると「売掛金」という債権を手に入れる「掛取引」で行われるのが一般的です。

売掛金は遅くても1年以内に現預金での回収が見込まれますが、現金になるまである程度の時間が必要です。

 

売掛金が現金で入金されるまで手元の資金は増えることはありませんが、

仕入金や営業にかかる費用などで、さまざまな支払いが発生します。

 

実際には売り上げが順調に上がっていたとしても、売掛金での売り上げだけでは、

会社の運転資金が足りなくなり、事業の運営が苦しくなる可能性も十分考えられます。

 

早めに現金を手に入れる必要があるのに、

「資金繰りのための銀行の融資を断られてしまった」

「急に高額の支出が生じた」

などの場合には、決済前の売掛金を譲渡して現金に替えることで対応することができます。

ファクタリングをするためには手数料を払う必要がありますが、

売掛金の回収を待たずに現金を手に入れられるのです。

 

売掛金などの債権回収委託などは、債権回収会社も行っています。

債権回収会社は金融機関などから委託を受け、売掛金などの債権を管理回収する業務を行う業者の事です。

資本金5億円以上の株式会社で、取締役には1名以上の弁護士が在籍しているなどのさまざまな許可要件を満たした、信頼のおける会社といえます。

 

 

 

ファクタリングはどうすればできるのか

売掛金を売却するには、ファクタリングを取り扱っている会社に申し込みの申請をします。

売掛金を持つ企業ならば、個人事業主でも、融資を断られた企業でも、

企業の規模や経営状況などに関係なく申し込みできます。

実際に、申し込み後はどういう流れになるのかを確認しましょう。

基本的なファクタリングの流れは以下の通りです。

 

1.売掛金を売りたいときには、まずファクタリング会社へ申し込みをして売掛金と債務者の企業について審査を受けます。

2.審査が通ったら、売掛金を売る契約を結びます。

3.契約後に手数料を差し引いた買取金額が口座に支払われます。

4.売掛金の決済日には取引先から売掛金が支払われるので、その金額をファクタリング会社に振込で支払います。

 

上記は2社間ファクタリングと呼ばれる方法です。

ほかにも、3社間ファクタリングという方法もあります。

主にファクタリング会社が売掛金を売却したことを債務者に通知するか、

債権が移動することへの承諾を取ってから売掛債権の移動が行われます。

この場合には、売掛金の権利者が変更になっていることを債務者に伝えているので、

決済日にはファクタリング会社に直接、売上代金が振込まれます。

 

ファクタリングできる売掛金とは?

企業の信用度が高くないと掛けを用いた取引は成立しないので、

信用度が保証されている売掛金は基本的には回収の可能性が大きい優良債権といえます。

 

ところが、債務者の経営状況は変動する場合もあるので、

審査時に企業の信用度が低いと判断された場合にはファクタリングができない可能性があります。

一般的に債務者の企業が大企業になるほど、より信用度が高くなります。

 

 

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングには売掛金の早期的な現金化のほかにもさまざまなメリットがあります。

ファクタリングを行うとどのようなメリットが得られるのでしょうか?

売掛金の現金化までの時間を短縮できる

ファクタリングの大きなメリットは売掛金を決済期日前に現金化できることです。

売掛金を利用した便利な資金調達方法です。

最短では1日で売掛金を現金化できるので、急ぎの支払いがある場合の資金調達にも適しています。

 

保証人や担保が不要

ファクタリングは売掛債権を売却する取引のため、借入とは異なります。

現金を借入するわけではないので保証人や担保が必要ありません。

 

手続きが簡単

売掛金を売るときには、申し込みをする企業の経営や資産状況が審査されることはありません。

売掛金の入金が確実に行われるかどうかだけを調べるため、早い場合、当日に審査結果が分かります。

 

2社間ファクタリングは取引先に知らせず譲渡可能

2社間ファクタリングでは、取引先に売掛金を譲渡した事実を知られることなく、債権の現金化が可能です。

取引先に知られたくない場合でも問題なく利用できます。

 

回収不能になっても負担が生じない場合が多い

ファクタリングの契約の多くは、償還請求権がない契約です。

取引先が倒産するなど債権の回収が不能になった場合にも、申し込みをした会社には負担がかかりません。

 

貸借対照表の改善にもつながる

売掛金は貸借対照表上では「流動資産」に入っています。

売掛金を売却すると、流動資産内の売掛金が決済されて現金に変わるという仕訳処理がなされます。

貸借対照表上で売り上げに対して売掛金が多いと、金融機関などから資金回収について不安視されるのですが、

売掛金を早めに現金化することで、経営の健全化にも役立ちます。

 

売掛金を高く売るポイント

 

売掛金をファクタリング会社に高く買取ってもらうためには、リスクが少ない条件で取引を行う必要があります。

取引先に債権譲渡の事実を知られない2社間ファクタリングの手数料相場は10~30%です。

ただし、取引先が大企業などの場合には、倒産などのリスクが低く債権回収に問題が生じる可能性が低いため手数料も低くなります。

3社間ファクタリングは取引先に承諾を得てから売掛債権の権利移動をします。

債権の回収は直接ファクタリング会社が行うことができるため、さまざまなリスクが少なくなり、手数料が軽減されます。

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリング会社は、手数料が安く、安定している会社を選ぶことが大切といえます。

業界最低水準の手数料1.5%~

最短30分で審査完了『即日現金化』

リピート率98%継続利用可能』

取引先への通知無しで秘密厳守

少額取引から高額取引まで『20万~5000万円まで可能』

来店不要で全国対応