時間が経つのが早く感じる…人間の心理からみるジャネーの法則とは?

時間が経つのが早く感じる…人間の心理からみるジャネーの法則とは?

あなたは、歳と重ねるごとに『時間が経つのが早く感じるな~』と思ったことはありませんか?

おそらく多くの方が、同じ感覚を覚えた経験があるかと思います。

 

実は、心理学の用語として「ジャネーの法則」というものがあるのはご存知でしょうか?

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案したもので、
『主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価される』
という現象を心理学的に説明したものです。

ジャネーの法則とは

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、

甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則のことで、「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く感じられる」という現象を、心理学的に説明したものです。

 

例えば、50歳の人間にとって一年の長さは人生の50分の1ほどですが、

5歳の人間にとっては5分の1に相当します。

50歳の人にとっての10年間は、5歳の人にとっての一年間にあたり、5歳の人にとっての一日は、50歳の人にとっての10日にあたることとなります。

 

簡単に説明すると、「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)」ということという事ができます。

生きてきた年数によって一年の相対的な長さがどんどん小さくなることによって、時間が早く感じるというわけです。

 

つまり、時間の感覚に対して、年少者の方が長く感じ、年長者の方が短く感じるという法則です。

 

地球上のすべてのモノに対して時間は平等に過ぎ去っていきます。

しかし、時間は有限であり時間を有効に使う人や無駄に使う人がいます。
これは、年少者年長者に関係なくです。

誰もが思うであろう「1年があっという間に過ぎていった・・・」
そう思ったことはないでしょうか?
それが、「ジェネーの法則」です。

 

それぞれ感じる時間の間隔は違いますが、
年少者の方が経験が浅く、刺激が多くその日の実感が濃いために時間が長く感じる。

 

年長者の方が経験が豊富だったり、慣れがあるため刺激が弱くその日の実感が薄いために時間が短く感じる。

 

しかし、前述にある通り時間は誰にでも平等に流れるので、
結局意識してるかだとか、刺激的かどうかであって、年は関係ないという意見もあります。

 

時間が早く流れていると感じる時

人は経験したことがないことをやっているときは、

それが強く意識に残り時間が長く感じます。

 

反対に、慣れてしまうと時間の長さが気にならなくなり、あっという間に時が過ぎたように感じます。

 

子どもの頃は初めて体験することばかりで、毎日が新鮮で新しい出会いや発見があります。

しかし、大人になるにしたがって、新しい経験をする機会が失われます。

 

大人になると時間があっという間に過ぎ去ってしまったと感じるのは、

日々の生活に新鮮味がなくなるからという考え方もあるようです。

 

人間にのみ存在する時計

人には心的時計といえるものが存在します。
これが実際の時間よりも速く進めば、「まだ1時間しかたっていない」と感じ、
逆に心的時計が遅く進めば「もう1時間過ぎた」と感じます。

 

心の時計は、身体の代謝の状態が大きく影響しています。
身体の代謝が活発な時は心の時計は速く、不活発であれば進み方は遅くなるとされ、
高齢になるほど一般的に代謝は低下するため、時間の経過を速く感じるということが考えられています。

 

ほかにも空間的な影響もうけたり、人間の心理は周囲の状況に影響を受けやすいことがわかります。

地球すべてのものに与えられた平等な権利とはいえ、
人間にとって時間は、あっという間に過ぎ去っていきます。

 

歳を重ねていくごとに、知識も経験も増えていきますし、
実りある有意義な時間を過ごすよう「意識」するだけでも、人生にとってプラスになることは間違いありません。

 

そのために、好奇心をもって新しいことに取り組み、
成長を感じられるような仕事や趣味に取り組むことを強くおススメします。

 

成長しながらも、「時間」を感じられる過ごし方をしたいですね😊
この情報がその一助となれば幸いです。