VPSを選ぶなら…

VPSを選ぶなら…

レンタルサーバーのサービスのひとつに「VPS」と呼ばれるものがあるのをご存知でしょうか。

専用サーバーのような自由度があり、共用サーバーに近い低価格で利用できるVPSについて、

その仕組みや選び方のポイントをご紹介します。




VPSとは

VPSとは、「バーチャル・プライベート・サーバー(Virtual Private Server)」の略で、

日本語で表現すると「仮想専用サーバー」になります。

 

「仮想専用サーバー」といっても、全て仮想で行っているわけではなくて、

一台の物理サーバーに複数の仮想サーバーを作って、

その仮想コンピュータをユーザー利用するすることがVPSの特徴です。

 

VPSを利用するメリットは?

自身でWebサイトを開設する際にレンタルサーバーを利用したことがある人であれば、

共用サーバーと専用サーバーについて調べたことがあるでしょう。

 

共用サーバーをレンタルしたほうが料金は安くすみますが、

専用サーバーに比べると自由度が低く、思ったように機能が使えなくて不満を感じることがあります。

 

ところが、VPSであれば専用サーバーとほとんど変わらない機能が使えます。

管理者権限、UNIX系OSでいうところの「root権限」を与えられるので、

さまざまな設定の変更やソフトウェアのインストールが自由に行えます。

 

ある程度、サーバー管理者としての知識は必要になりますが、

それも専用サーバーの管理者ほど必要ではないので、初心者でもすぐに運用できるようになるでしょう。

また、共用サーバーに近い低価格で利用できるのもVPSの大きなメリットです。

 

VPSを選ぶ際のポイント

ほとんどのレンタルサーバーには、最低契約期間があります。
その最低契約期間で指定された契約期間は、

解約しても 少なくとも最低契約期間分の使用料金を支払わなければなりません。

そのため、この期間は、もし万が一にもサーバー選びに失敗した時に逃げ出せる最短期間でもありますから、

確認しておきましょう。(最低契約期間を設定しているサーバーのほとんどは、3か月程度が多いようです。)

最近では、最低契約期間がないサーバーも増えてきました。

つまり、1カ月に満たない場合は、日割りで計算してくれます。



サポート体制を確認する

確かにVPSでは、ほとんどがユーザがセッティングするので、

サポートは、あまり必要ないように思われるかもしれません。

 

しかし、そもそもの ゲストOSを管理するOSで何らかの問題が発生した場合、

あるいはハードウェアに問題が発生した場合などは、サポートに頼らざるを得ないのです。

このサポートに頼るときは、かなり事態が切迫しているときでもあります。

これは、サポートの大事さを肌身にしみる時でもあるのです。

少なくともサポートは、何かしらの手段で24時間対応していくれるところ、

かつ迅速に対応してくれるところ、 できれば電話サポートを欲しいところでしょう。

 

このように、サーバーを利用する際、VPSは非常に魅力的な選択肢となっています。

 

初心者向けのVPS選びのポイントについて記載していきました。

機能も大事ですが、機能以外にも大事なポイントがありますから、

十分、注意、確認されることをおすすめします。

最終的には、お試し期間などを活用してご自身で確認されることが何よりだと思います。