ビジネスシーンには必須アイテム!「事業用クレジットカード」

ビジネスシーンには必須アイテム!「事業用クレジットカード」

クレジットカードには事業用があり、

上手に活用すれば、ビジネスシーンにおいてさまざまなメリットを利用することができます。

 

そのため、これから開業を目指す個人事業主や、

より効率的な会社経営を目指す法人などにとって、大きな助けとなる場合もあるでしょう。

 

ここでは、事業用クレジットカード(ビジネスカード)の主なメリットである

「資金繰りの改善」「経費処理の効率化」「事業用特典」などについて解説していきます。


事業用クレジットカードのメリット

 

事業用クレジットカードを利用するメリットは、

下記のような内容が考えられます。

 

基本的にクレジットカードを使って何かを購入した際の代金は、

1~2カ月ほどあとになってから、まとめて支払う仕組みになっています。

 

こういった仕組みは「掛払い」や「後払い」と呼ばれ、

「現在手元に資金はないものの、経営上すぐに購入しなければならない品物がある」

などといったとき、大いに役立ちます。

 

事業用クレジットカード(ビジネスカード)も同様の仕組みになっているため、

会社の資金繰りが苦しい場合などに利用すれば、問題の改善につながるでしょう。

 

利用限度額があるので、

商品の仕入れなど外部への支払いと比較すると金額は小さいかもしれませんが、

少しでも資金繰りが良くなるのは、魅力的なメリットでしょう。

 

会社の運用資金は、

支払うタイミングが後になればなるほど資金繰りが改善されることになります。

 

商品の仕入など外部に支払う金額と比べれば小さい金額かもしれませんが、資金繰りが良くなります。

「経費処理の効率化」

 

会社経営における出費を事業用クレジットカードにまとめることで、

支払い時点で出費を個人用と事業用に仕分けられます。

 

そうすることで、後々経理や会計などの作業が簡単になり、

経費処理の効率化が図れるでしょう。

 

さらに、

クラウド会計などにデータが連携して、業務効率改善《時短》につながります。

 

今までは

(従業員が買い物の際、レシートをもらう)

↓↓

(そのレシートを経理担当者に渡す) 

↓↓

(経理担当者が会計ソフトに仕訳入力する)

 

ここでやっと会計データが会計ソフトに連携することになります。

その一方クレジットカードにデータ連携していれば(クレジットカードに連携されたデータの詳細確認して登録する)となるため、

 

作業工程がかなり短縮されます。

 

また、ATMにお金を引き出しに行かなくても代金の支払いが可能です。

 

このように作業効率がかなり良くなると、予想されます。

 

事業用クレジットカードのデメリット

事業用クレジットカードは、かなり便利な仕組です。ただし問題点もあると考えられます。

事業用クレジットカードは審査が厳しい

 

開業したばかりの個人事業主や新しく設立された法人は、

クレジットカードを作成するための審査が通りにくいと認識しています。

 

カード会社も「後日お金をちゃんと払ってくれる人に使ってほしい」と考えることは、

カード会社も利益をださなければならないため、悪いことではないと考えます。

審査方法の見直しが今までより利用しやすい仕組になるかどうかがポイントになると考えます。

社内ルールなどをしっかり作る

 

なかには「事業用クレジットカードで私的な買い物もできてしまうのでは ? 」

と考えてしまう従業員が現れる可能性もないとはいえません。

 

事業用クレジットカードで購入した金額データは、

事業用でも私用でもクラウド会計などの会計データに連携することになります。

 

1つ1つの連携したデータがビジネスに必要なものか、

プライベートで購入したものかを確認することは、業務効率改善はできなくなるます。

 

ですので「事業用クレジットカードでは、プライベートのかいものをしない」など

「運用するためのルール作り」が大切になります。

 

自己管理ができていないと、限度額までつかってしまう ?

 

プライベート用のクレジットカードでも、「使い過ぎ」には注意が必要です。

事業用のクレジットカードも限度額まで使える事は、

 

便利な部分でもありますがカードを使う側で管理ができていないと

「こんなに使いすぎてしまった・・・」という事も考えられます。

 

毎月のカード明細を確認する時に、冷や汗をかかないように気をつけましょう。

事業用クレジットカードを作りたい!審査で見られるポイントとは?

 

まず、カード会社は申し込み者が支払いを計画的におこなうだけの

「性格」であるかをチェックします。

 

そして、収入や他の借入状況を見て「支払能力」を見極めます。

経済的な安定性を知るためには「資産」の確認も欠かせません。

 

そして、無理なカード利用をおこなわないだけの「自己管理能力」も評価します。

クレジットヒストリーとは?

 

ビジネスカードの審査は申し込み情報だけでなく複数の情報を組み合わせて評価します。

個人事業主が起業後にカードを作るのであれば、

会社の経営状況や将来性のほか、「クレジットヒストリー」も細かく調べられるでしょう。

 

クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことです。

遅れることなく支払を続け、目立ったトラブルのない契約者は「優良顧客」として、

評価されるようになります。

 

ちなみに、ビジネスカードは法人名義で発行されるカードなので、

個人事業主が自分名義で利用しているカードのクレジットヒストリーは審査対象に含まれないこともあります。

 

もしもすでにビジネスカードを利用していて、

優良顧客とみなされていれば、新しくカードを作るときにも審査に通りやすくなるでしょう。

審査に落ちてしまったら?

 

ビジネスカードの審査に落ちてしまったとしても、

審査の経過や理由をクレジットカード会社から言うことはできません。

 

個人事業主としてできることは、

自分のクレジット信用情報(CIC)を確認することだけです。

 

信用情報で支払い漏れなどの問題がなければ、

カード会社の審査と合わなかったために通らなかったのだと理解するしかありません。

 

事業内容に問題がなかったとしても、

「申し込みの書類に不備があり、会社が実在していると証明できていない」などのケースでは、

審査に落ちる確率が高くなります。

 

大きな利用枠を目当てに、偽の会社情報でビジネスカードを作ろうとする場合もあるからです。

申し込み時には情報の登録にも手を抜かないようにしましょう。

個人事業主におすすめのカードは?

たとえ健全な起業でも、審査基準との相性でビジネスカードが作れないことはあります。

 

そこで、個人事業主や法人向けのビジネスカードとしては「FASIOビジネスカード」がおすすめです。

 

年会費永年無料、スタッフ分を含めて4枚まで発行可能なうえ、年会費永年無料のビジネスカードは通常、

ポイントがつかないものがほとんどですが、FASIOビジネスカードではポイントが付きます!

ビジネスシーンで活用しやすいカードです。


PAGE TOP