Facebook広告の基礎知識

Facebook広告の基礎知識

Facebookは全世界で20億を超えるユーザーが利用しており、

ユーザー数はソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)の中で世界最大規模を誇ります。

日本でのFacebookの月間アクティブユーザー数は2,800万人に登っています。

また、無料で作成できるFacebookページは、多くの企業でも活用されています。

参考:Facebook – Facebook Reports First Quarter 2019 Results

では、Facebook広告にはどのようなメリットがあるのかを見ていきます。

Facebook広告の4つのメリット

数多くのユーザーが利用する巨大なソーシャルネットワークサービスという以外にも、Facebook広告には多くのメリットが存在してています。

高いターゲティング精度

Facebookが他社のSNSと大きく違う点は、

『実名制を基本とした正確なデータベース』によるターゲティング精度の高さと言えます。

性別や年齢などのユーザー自らの登録情報、趣味・関心(いいね、などのアクティビティ)などを基にかなり詳細なターゲティングまで精度を非常に高い状態で指定することが可能です。

 

あらゆる目的に対応できる(認知から購買目的のものなどに対応可能)

SNSは通勤途中やカフェの順番待ち時間、テレビを見ながらなどスキマ時間に細切れに利用されている傾向があり、一日に何度もサービスが利用されます。

そのため、一般的な購買の過程のあらゆるタイミングでユーザーにアプローチすることも可能です。

 

正確なトラッキング

トラッキングとは、特定のユーザーが、サイト内でどこを閲覧しているのかを追跡、分析することです。

どこから来た人がどのようなページを見て(製品紹介・事例)、コンバージョン(資料請求・商品購入)に結びつくのかを追跡していきます。

Facebookは、ログインして利用するサービスですので、

従来ウェブサイトのトラッキングに利用されているcookieによるウェブブラウザごとの計測ではなく、

FacebookのユーザーIDをもとにしているため、デバイスをまたぐ場合(PCとモバイルなど)でも、

人をベースにした計測が可能となり、ユーザーの行動をより正確に捉えることができます。

 

Facebook広告を配信するにあたって用意するべきもの

Facebook広告を出すために必要な物はそれほど多くはありません。

広告を出す前に用意しておくべきもの、或は明確にしておいたほうがいい基本的なものをいくつかご紹介します。

1.FacebookのアカウントとFacebookページ
これらは広告の出稿手続きをするためにも絶対に必要です。

2.クレジットカードかクレジット機能付きのデビットカード、PayPal
日本での広告費の支払いはクレジットカードかデビットカード、PayPalを利用できます。

3.Facebook広告を出稿する目的
Facebook広告の目的にはFacebookページのファンを増やす、アプリのダウンロードや商品の購入を促進する、などがあります。設定の際に迷わないよう、事前にゴール設定をしておきましょう。

4.クリエイティブや遷移先URL
広告の素材となるクリエイティブとクリックでどこかに遷移させる場合はそのURLが必要です。

 

次は、いよいよ広告を出稿していきます。

 

広告出稿の流れ

Facebook広告では広告マネージャを利用して設定します。

まずは大まかな流れを確認していきます。

1.広告の目的を選ぶ
「認知」「検討」「コンバージョン」の購買ファネルそれぞれの段階から広告の目的を選びます。広告を見たユーザーにとってもらいたい行動が広告の目的になります。

2.アカウント情報を登録する
広告アカウントを作成します。ここでは運用のための地域情報や通貨を設定します。

3.広告セットを作成する
トラフィック、クーポン、ターゲット、配置、予算と掲載期間を設定し、広告の配信仕様を決めていきます。

4.広告クリエイティブを設定する
広告に使う動画や画像を設定します。既存の投稿を広告に利用することも可能です。

 

まずは、広告マネージャーにアクセスします。

 

緑色の「作成する」をクリックします。

 

マーケティングの目的を選んでキャンペーンを作成する

 

いずれかの目的を選ぶと、選んだ目的に合わせて詳細の設定項目が表示されます。

これらを設定し、「広告アカウントの設定」をクリックして次へ進みます。

 

広告アカウントを設定する

 

・「アカウントの国」

・「通貨」

・「時間帯」

・「広告アカウント名」を入力して「次へ」をクリックします。

 

広告セットを作成し、各項目を設定する

 

・「広告セット名」を入力します。

詳細オプションから既存の情報を呼び出して名前を設定することもできます。

 

次に「オーディエンス」を入力していきます。オーディエンスはターゲット設定のことです。
カスタムオーディエンス」を設定するか、ターゲットにしたい「地域」「年齢」「性別」「言語」を入力します。

 

さらに「詳細ターゲット設定」を入力し、「つながり」の種類を選び、「このオーディエンスを保存」をクリックします。

するとダイアログが立ち上がり、内容を表示するので確認して「保存」します。

配置・予算と掲載期間

 

次に、広告の「配置」と、「予算と掲載期間」を設定して「次へ」をクリックします。

「詳細オプションを表示する」をクリックすると、

・「広告配信の最適化対象」

・「入札戦略」

・「訴求のタイミング」

・「広告スケジュール」

・「配信タイプ」

などの細かい設定を整えられます。

 

 広告のクリエイティブを設定する

 

「広告を作成」が選ばれていることを確認して、「アイデンティティ」に広告主として表示させたいFacebookページを選びます。

選択肢にページがない場合は新たにFacebookページを作ります。


広告セット設定の「配置」で、「自動配置(推奨)」または「配置の編集」でInstagramを選んだ場合は、

「Instagramアカウント」の項目でも広告に表示したいFacebookページを選んでおきます。

 

次に、広告の表示形式を選択します。

「フルスクリーンエクスペリエンスを追加」にチェックを入れると、

モバイルデバイスを使っているユーザー広告をクリックした場合に、フルスクリーンで広告を表示できます。

 

広告表示させる画像の設定

 

「ライブラリを閲覧」か「無料ストック画像」をクリックすると、

どちらを選んでも同じダイアログが立ち上がり、オンラインにアップロードされている画像を選べます。

新たに画像をアップロードしたい場合は「画像をアップロード」を選びます。

選ぶ画像がFacebook広告に適しているかは「画像の推奨要件」を参考にします。

画像内にテキストが多すぎると表示回数が制限されるため、対象になりそうな画像を使用したい場合は「詳しくはこちら」からテキスト量をチェックできるツールを利用して、支障がない文字量か確認しましょう。

 

広告のプレビュー

 

ここでテキストやリンクを設定すると、広告プレビューを見ることができます。

「テキスト」の①に広告テキストを追加すると、広告プレビューの①の場所に表示されます。


「広告プレビュー」の②でプレビューするデバイスやメディア、配置を選択すると、それぞれのプレビューを確認できます。


「アクション」の③を選ぶと、広告プレビュー③の位置にCTAボタンを追加できます。

遷移先を指定できるアクションを選ぶと、

「アクション」上に「ウェブサイトのURL」の項目が表示されるので、遷移先のURLを入力します。

必要項目を入力し終わったら、「実行する」をクリックします。

 

支払先情報の入力

 

利用できる支払い方法は国によって違うため、まずは国を選択します。

そこで表示された支払い方法から選びます。日本の場合はクレジットカード・デビットカード・Paypalから選ぶことになります。

デビットカードはクレジット機能付きのみ使用できます。

クーポンを利用する場合は「広告クーポンコードを入力」にチェックを入れますが、そのほかの支払い方法は設定しなくてはいけません。

利用したい支払方法に従って入力し、「次へ」をクリックして支払方法の設定は完了です。


以上がFacebook広告の出稿までの大まかな流れになります。

設定する項目が初めは多く戸惑ってしまう事もあるかもしれません。

ですが、ほとんどの項目で「詳しくはこちら」などのヘルプを照会できるので、

一つ一つ行っていけばそれほど難しい作業ではありません。

 

さらに、Facebook広告は少ない予算でも運用でき、広告を利用することでユーザーの動向やターゲットをつかむ手がかりにもなります。

これから広告を運用していこうと考えている方は、ぜひFacebookページを開設して、少額でも運用してみるのをおすすめします。

PAGE TOP