ライフプランの作成が将来の不安を解消してくれる!!

ライフプランの作成が将来の不安を解消してくれる!!

なぜ、お金に関しての悩みが発生するのでしょうか?

 

1番の原因は、やはり先の見えない不安からくるものです。

現代社会では、終身雇用という保証もなくなりつつあります。これは、大企業といわれる企業で働かれている方でも、ご自身でなにか事業をされている方でも、状況は同じといえます。

 

もちろん、不安があるからといって、すぐになにかを始めることも難しいでしょう。

 

 

では、このお金に関する不安をどのようにしていくのか?をここでは解説していきます。

 

人生の三大資金には2億円が必要?

人生の三大資金といわれるものは、

・老後資金

・子供の教育費

・住宅(マイホーム)資金

と言われています。

 

 

一般的に、支出の大きくなるこれらの資金を合計すると、約2億円にも及ぶと言われています。

この膨大な金額をいかに準備していくかが、人生100年といわれる現代では重要になってきます。

 

 

もちろん、実際にどのくらいの資金が必要になるかは、個人差があります。

 

 

例えば、子供の教育費の場合、私立に通わせるのか?公立に通わせるのか?によって、入学金や授業料は大きく変わっていきます。

あまり考えずに、小学校から私立に通わせてしまったために、「大学進学費用が準備できなかった」というような事態になれば、本末転倒です。

しっかりと、金銭面で計画を立てた上で、子供の教育費を考える必要があります!!

 

 

マイホームの購入資金も、教育費と同様のことが言えます。

そもそもマイホームが欲しいのか?自らの持ち物とせずに賃貸という形でもいいのか?というところからの選択が必要になります。

近年では、どちらでも構わないという方も増加していますが、メリットとデメリットをしっかりと把握しておくべきです。

 

 

老後であってもさまざまな選択肢があります。

老後資金の不足を補うために60歳以降も働く方が増加していますが、一度退職して嘱託として働くケースでは、退職前と比較すると収入が大きく減少してしまうことも珍しくありません。

定年後も十分な収入を得るためには、現役時代から努力して、稼ぐための能力を身に着けておく必要があります。

 

 

数字で把握することで、多くの不安は解消できる

人生の三大資金をどう選択するのかを考える事は、人生設計(ライフプラン)を考えることでもあります。

ライフプランをはっきりさせて必要な資金を数字で把握しておけば、目標が明確になります。

目標達成に向けて努力し始めれば、将来の不安も徐々に解消されていきます。

 

 

実際には、自分がどんな人生を送りたいのか?

そして、それを実現するためのマネーライフプランを作成していきます。

 

 

これを実行していくためには、お金の基礎を学ぶ必要があります。

 

 

PAGE TOP