広報PRと広告の誤解

広報PRと広告の誤解

企業のWeb担当者の方の中には、

自社サービスの認知度を高めるための方法を日々模索されている方も多いのではないでしょうか。

世間の認知度を上げるための施策として、主に広告と広報と・PRの2種類があります。

 

広報PRと広告の違い

広報PR(Public Relations)とは、

本来「社会の人々に理解してもらい、信頼関係を築き、最終的にファンになってもらうためのコミュニケーション」

という意味を持ちます。

 

日本ではどちらかというと「PR=何かをアピールする、宣伝する」

といった意味合いで使われることが多く、そのため、広告(Advertising)と混同されがちです。

 

広報PRも広告も、企業・団体やその商品・サービスを知ってもらうために行うという点は共通しており、

そのためにマスメディアを活用します。

 

もちろん、近年はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やオウンドメディア(自社運営メディア)を通じて

自ら情報発信ができる時代になりましたが、まだまだマスコミの効果も健在です。

ネット広告とマス広告との大きな違いとは

広告が「メディアに料金を払ってスペースを買う」のとは異なり、

広報PRは「メディアが価値ある情報とみなして取り上げる(報道する)」ことを目的とした活動です。

 

広告の場合は、料金を払うわけですから広告主である企業・団体側の意図通りに露出できる点がメリットですが、

広報PRの場合、いつどこでどのように取り上げるかがメディア側の判断に委ねられるため、

コントロールできない難しさがあります。

 

しかし、第三者が客観的に取り上げている情報ということで、その「信頼性」は圧倒的に高まります。

 

PR会社と広告代理店の違いとは

広報PRと広告宣伝の違いがわかりにくいことと同様に、

PR会社と広告代理店の違いも、この業務に携わったことのない人にはわかりにくいと思います。

 

実際、「当社はPR会社です」と説明しても、「ああ、広告の会社ね」という反応をされることがよくあります。

 

そして業務的にも、重なる部分が結構あります。

大手広告代理店が広報PRの範疇まで対応するケースもありますし、

PR会社が広報PR活動との相乗効果を出すために広告を扱うこともあります。

 

SNSを活用したキャンペーンなどは、広告代理店もPR会社も行います。

ですが、それぞれ似たようなことをやっていながらも、やはりそのスタンスは異なっています。

 

PR会社は信頼獲得のために活動する

広報PRとは

「社会の人々に理解してもらい、信頼関係を築き、最終的にファンになってもらうためのコミュニケーション」

だと説明しましたが、信頼されるためにはその裏付けが必要です。

 

例えば、広報PR活動の一環として作成する(情報をマスメディアに知らせるための文書である)

プレスリリース(ニュースリリース)には、事実しか書くことができません。

 

商品やサービスの説明に、誤解を与えるようなデフォルメした表現や数字を使うことは厳禁です。

 

一方、広告は、その商品やサービスを印象付けるために、その特長を強調した表現や見せ方をすることがあります。

 

もちろん広告にも審査基準があり、嘘偽りを掲載することはできませんが、

見る人に事実を伝える報道と、インパクトを与えようとする広告では、その根本的なところが異なります。

 

また、信頼を獲得する活動には、適切なリスク対応を行うことも含まれます。

 

例えば、事故や不祥事があった場合、それを対外的にどのように説明し対応していくか、

そのサポートをするのもPR会社の役割です。

 

広報PRと広告は、近いところにありながら、

やはりその意味合いがかなり異なるということが、おわかりいただけたと思います。

 

もし予算が確保できるなら、

広報PRと広告のそれぞれのメリットを最大限に活かし相乗効果を狙っていくことが理想と言えます。

 

「PR」に関する誤解

日本語としてもすっかり定着している「PR」。

就職活動などでも「自己PRをお願いします」といった言い回しがよく使われます。

 

この場合は「自分のいいところをアピールしてください」というような意味でしょう。

 

もともと和製英語の「PR」には「自己宣伝」という意味があります。

 

ただし、本来の英語である「PR=public relations」には自己宣伝の意味はありません。

 

企業や団体、個人が自分の理念や主張を述べ、

その理念を実現するための計画や努力の内容を説明して多くの人に理解や協力を求める活動のことをpublic relationsといいます。

 

ですから、アメリカの企業において” Public Relations Department ”といえば日本で言う広報室に該当します。

とはいえ、実質的には広報室も自社の長所や理念の素晴らしさを社会に対してアピールしているわけですから、

和製英語のPRもあながち間違っているとは言えないのかもしれません。

 

PR会社とは

世間には「PR会社」という業種があって、

PRという言葉からの連想で「広告代理店と同じようなものだろう」と混同されることも多いのですが、

上記の説明を読んでいただけるとPR会社のあり方について想像がつくかもしれません。

 

要するに「広報の専門業」あるいは「広報室のアウトソーシング」と

理解していただくとわかりやすいのではないでしょうか。

 

PR会社は企業広報についてより効果的な活動方法をアドバイスしたり、

あるいはさまざまなメディアに企業情報が取り上げてもらえるようメディアと企業との間を取り持つ働きをします。

 

より多くのマスコミに対して影響力の大きいプレスリリース能力や

ノウハウを持っているかどうかが決め手となるでしょう。

 

広告代理店とは

これに対し、広告代理店とはお客様の広告を制作し、

その広告が実際に放送・出版・掲載されるまでの手続き業務を代行します。

 

たとえば新聞というメディアの場合、

新製品情報などを「記事」として取り上げてもらえるように活動するのがPR会社の仕事で、

「広告」として掲載するのが広告代理店の仕事ということになります。

 

ユーザー側は広告と広報・PRの区別がつきにくくなっている

ユーザーから見ると、特にインターネット空間においては広告と広報・PRの区別が徐々につきにくくなってきています。

区別がつきにくくなった大きな要因として、「ネイティブ広告」や「記事広告」の台頭が挙げられます。

一般的な広告では効果が出にくくなってきた今、

広告としてではなくユーザーに自然に自社サービスを認知してもらえるような広告を配信することが主流となってきました。

 

企業側にとっては広告と広報・PRの違いは明確ですが、

ユーザー側には曖昧になってきているということは、

広告配信を行う際はよりユーザーに配慮した設計を行わなければいけません。

 

今回書いた通り、発信者が誰であるかによって、その情報に対するユーザーからの信頼度は大きく変わるからです。

 

通常、ネイティブ広告や記事広告には「PR」や「sponsored」といった、

広告であると認識できる印が付けられていますが、目立たないように記載されているものがほとんどです。

 

記事広告自体はユーザーへ訴求する手法としては非常に有効です。

広告であることがユーザーに伝わるよう配慮したうえで、

記事コンテンツそのものをユーザーが読みたくなるようなものであれば、双方にとって有益な広告となるでしょう。

 

PAGE TOP