他人の気持ちがわからない人が増えている??

他人の気持ちがわからない人が増えている??

現代社会独特の環境要因が、人間のコミュニケーション能力を低下させている!

人間は人と関わりながら、より良い人との関わり方を学習していきます。

しかし、現在は核家族化が進行した社会です。

現代社会独特の要因が、現代に生きる我々のコミュニケーション能力に与える影響について理解していきましょう。

 

近年、コミュニケーション能力の低下が、さまざまな場面で問題視されているのは、周知の事実でしょう。

例えば、職場で意見を求められても、自分の意見を発言するのが怖くて黙り込んでしまう人や、友人に自分の想いや気持ちを伝えることができずに信頼関係が築けない人、悪気なく言った一言が大切な人を傷つけてしまい、自分も傷ついてしまう人など……

 

人間関係で傷ついてしまうと、他者に対して一時的に恐怖心を抱いたり、自分の気持ちを打ち明けることに苦手意識をもってしまうことがあります。

 

しかし、最近は「一時的な恐怖心・苦手意識」というレベルではなく、かなり長い期間、苦しみを抱え続けなければならない人がでてきており、他者と接触することに強いストレスを感じるケースが増加してきています。

 

なぜ、そのような人が増えてきてしまったのか、原因に注目していきましょう。

 

 

「核家族化」が与える影響

三世代大家族が多かったころは、子供が学校から帰ると誰かが家にいて「お帰りなさい」と声をかけてくれていました。

子供たちは、学校であった出来事や、友人とのたわいもない会話や遊んだ事を家族に話し、大人は子供の話に耳を傾けるというごく自然なコミュニケーションが、多くの家庭で見られていました。

しかし、核家族化の進んだ現代では、子供が学校から帰っても、声をかけてくれる人がいないケースが多く見られるようになりました。

祖父母と別居したり、同居していても玄関を別にするなど生活空間を完全に分ける事により、子供が安心してコミュニケーションをとれる家族がいないという環境が増えてきています。

核家族とは

核家族とは、社会における家族の形態の一つ。「夫婦のみ」「夫婦と未婚の子供」「父親また母親とその未婚の子供」の世帯をさします。かつては結婚した子供世帯と親世帯が同居する大家族の形態が見られましたが、特に大都市では核家族化が進んできました。住宅事情としても、ふすまや障子で仕切られただけの畳敷きが連続する「田の字型プラン」に代わり、核家族を前提として作られた「○LDKプラン」と呼ばれる機能分離型が普及しました。現代ではコーポラティブハウスやコレクティブハウスなど、「核家族」や「個人」が集う居住形態も普及しています。

 

競争社会が子供に与える悪影響

核家族化に加え、日本の「競争社会」が子供たちのコミュニケーション能力に悪影響を及ぼしているといわれています。

ゆとり教育の導入で少し緩和したとはいえ、学校から帰っても、塾や習い事で忙しい子供たちは増えています。

そして、成績に執着しすぎ、友達をライバルとしてしか見ることができない子供たちもでてきています。

この競争社会は、同世代の子供同士の豊かなコミュニケーションを築きにくい環境を作り出してしまっているといえます。

それは、お互いの気持ちを理解し合ったり、自分の気持ちを相手が傷つかないように伝えるなど、大人になってから必要になるコミュニケーション能力が育ちにくい状況という事ができるでしょう。

 

ここで、理解しておかなければならないことは、

「人の気持ちがわからない」のは、個人に問題があったり、劣っているからではありません。

コミュニケーション能力が育ちにくい背景を正しく理解し、その知識を伝えることで、自責的な思考で苦しむ人の心を軽くできることをしっかり理解しましょう。

 

PAGE TOP